皇御國弥栄


by shikishima2600
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

こいつが朝敵だ!島田仁郎・最高裁判所長官(国籍法改正案の原因となった違憲判決を断行した輩)

国籍法改正案の引き金を引いた朝敵・島田仁郎・最高裁判所長官が定年退官(11月21日)とは、どういうことだ!

朝敵という理由は国籍法改正案で、日本国籍の偽装取得が著しく容易になることから、外国人の偽日本国籍人が増大すれば、その外国人偽装日本国籍人がある一定の限度を越えれば、日本国建国来の国体 、天皇陛下の御存在が危ぶまれる事が、容易に推測できる事からまさしく朝敵と認識した。

d0130164_0294716.jpg


http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/081117/trl0811172219002-n1.htm(産経ニュース)
「寂しさと安堵感交錯」 島田仁郎最高裁長官が退任
2008.11.17 22:16

退任で記者会見する島田仁郎最高裁長官=17日午後、最高裁 最高裁の島田仁郎(にろう)長官(69)は17日、21日の定年退官を前に会見し、「わが家のように親しんできた裁判所を去る寂しさと、重い責任から解放される安堵(あんど)感とが交錯している」と述べ、三権の長としての約2年間と、44年あまりの裁判官生活を振り返った。

 来年5月からの裁判員制度について「実施されれば刑事裁判はよりよいものに発展する。今は生まれてくる赤ちゃんが順調に育つのを願う親のような気持ち」と語り、「あと20年、30年後に生まれて裁判員裁判をやりたかった」と述べた。

 平成18年10月の長官就任以来、在任中に3件の大法廷判決で裁判長を務めた。

印象深いものに今年6月の「婚外子国籍訴訟」で、国籍法の規定を違憲と初判断した判決を挙げ、「最高裁に与えられた違憲立法審査権の重みを身をもって実感した」と述べた。

 異例の抜擢(ばってき)で最高裁判事を経ずに後任の長官に就任する竹崎(たけさき)博允(ひろのぶ)氏について、「長年の慣行より、裁判所にとって最適任を選びたかった。志も力量も抜群だ」と期待を込めた。
[PR]
by shikishima2600 | 2008-11-18 00:29